笈ヶ岳 1841m 2014.0511 快晴 単独
5月10日 自宅21:30→道の駅九頭竜23:30
5月11日 道の駅02:20→白山自然保護センター中宮展示館03:45
登山開始04:10→大岩05:30→冬瓜平へ降り始める07:00→稜線に復帰08:30→山頂09:50
山頂10:25→シリタカ山11:25→ナイフリッジ12:12→野猿公苑14:26→下山14:55
西側から見て笈(おい)を背負った修験者に似た山容であることが、山名の由来とされています。
笈とは修験者が背負う木箱の事です。
夢のトンネル?
(つらいのに夢か?)




前日飲み会がありましたが、がまんして
ノンアルコール!
出発が遅くなり、福井の道の駅「九頭竜湖」で我慢できず車中泊。
モンベルの寝袋は温かくて、ユニフォーム一枚でも十分!
 

すぐに
ZZZ


残り時間を計算してあるので
目覚ましは2時10分に鳴りました。
2時20には出発して
勝山のローソンに寄っただけで
あとはすいすい快調に登山口の
白山自然保護センター中宮展示士官へ。

2台車が停まっていて
それぞれ電気がついています。
笈ヶ岳登山でしょう。
GWと比べると少ないので
雪のとけすぎが心配になってきました。
まだ暗い野猿公苑。
徒渉は板が渡してあり楽勝でした。
さあ、ここからは信じられないぐらいの急登の連続です。
ロープがたくさんつけられているので
助けになりますが・・・
それでも汗が吹き出します。
樹木も急登で頑張っています?
白山が見えてきました。
今日一日ずっと友達でいましょう。
大岩5時30分
急登の通過点です。
ここまでも大変。
ここからも大変。
ミツバツチグリでしょうか。
大岩をバックに・・・
先を急ぎましょう。
タムシバの咲く稜線に出ました。
手前のつぼみにピントが合っているのですが、
バックがの花が鳥のようです。
女性的なラインが現れてきました。
疲れには何よりの景色です。
長い長い急登(4時30分〜6時くらいまで)が終わり
シリタカ山への緩やかな稜線に着きました。
そこに先行者が休憩してみえました。
なんと栃木県からのお越しで、
先週毛勝山で道に迷い、
たいへんな山登りになったそう。
私が笈は3回目と聞いて、
「迷わずにすみそう」とついてこられた。
迷わないとは思いますが、
ちゃんと道案内できるでしょうか(笑)
カタクリも咲いてましたが朝は閉じています。
イワウチワをパチリ。
足元に雪が出てきました。
下野の住人さんは、
冬瓜(かもうり)平経由で登りたいとのこと。
僕も一度それがやってみたかったのです。
ツアーの人がそうしていたから、
きっとその方が早いのでしょう。
冬瓜に降りる途中、笈が見えました。(7時)
いつもより雪が少ないのが気になりますが
格好の良さは変わっていません。
今日は慎重に山すそを歩いていきました。
自分だけだったら良いのですが
客人がいると無駄足はさせられません。(笑)
意外とGWの足跡が残っていません。
残っていればもっと気楽なのですが、
ちょっと不安になります。
連れがいると写真を撮っていただけます。
冬瓜平でスパッツ・アイゼンを付け、
ピッケルを持ちます。
この山で以前危ない目にあったので、
慎重にも慎重に。
冬瓜平を抜けると、
やや急な坂をトラバースします。
ここは足跡がはっきりありました。
黒いのは雪崩ではなく、
雨で土砂が運ばれたものではないでしょうか?
上部には滝もあります。
以前汲みに行ったことがありますが、
危険です。
できればやめた方が良いでしょう。
同じような写真ですが・・・
下野さんはサングラスを忘れたそうで雪目が心配です。
冬瓜平へは、帰り道にしか使ったことしかないので
登りのルートは正直迷いました。
足跡を見つけるとホッとします。
稜線へは、最後強引に上がりました。
さあ、一安心。
休憩です。
別山と白山
奥三方岳
白山アップ
前来た時より、やぶは多いのような気がしますが?
藪を避けトラバースしていきます。
藪を5mほど通過することになりました。
逆目なのでうっとうしいですが、5mなら我慢できます。

そして藪を抜けると
北アルプスの展望が待っています。
この時撮ったものはかなりぼんやりしてました。
下野さんと堪能します。
いや休憩かな?
御嶽
槍・穂高
さあ、あと少しです。
登頂です!
5時間40分かかっています。
頂上には誰もいません。
GWだと満員で食事はいつも下です。
大笠山かな?(北)
シリタカ山(手前)と白山
帰りは尾根コースで行きたいと下野さん。
もち米でした。
剣と立山連峰でしょうか?
白山アップ
手前左端は妙法
奥左は三方崩、右が奥三方岳
人がいると多少は斜面の急なことがわかるでしょうか?
シリタカ山を詰めていくと
頂上から降っていくと
愛知県の単独登山者とすれ違いました。
なんと先週栃木の山に登ったそうです。
顔に枝が当たった跡がありました。
振り返ります。
お別れです。
頂上アップ。
さあ、シリタカ山に登りましょう。
二人のパーティーに会いました。
シリタカ山はなかなかたいへんで青息吐息です。
白山の展望台です。
今日は下野さんに写真が撮っていただけてラッキーです。
シリタカから降るときに
異変発生!

右ひざ外側がつりそうになりました。
下野さんがツムラの68番が良く効くとということで、
さっそくいただきました。
漢方薬ですが臭くもなく、
飲んだらすぐに治まってきました。
ほんとうに助かりました。
芍薬甘草湯というものは、マツキヨでも売っていると言われましたが、
当方近所にマツキヨはございません。(笑)
冬瓜岳の頂上はナイフリッジです。
きつい登りです。
アイゼンをはずして
ナイフの刃を渡りましょう。
ここからは激下りです。
上から見た冬瓜平です。
今日はテントは見ませんでした。
さあお別れです。
さようなら。
また、体力テストに来るねb。
ナイフリッジ直下の激下りです。
雪の尾根を下ったり、藪に入ったり・・・
マンサクを見てほっとする。
水量はさほど増えていません。
楽しかった山旅ももうおしまい。
ニリンソウ
ホウチャクソウ
終わっちゃうなあ、
笈ワールドから抜け出すのは
うれしくもあり、
すこし悲しくもあり・・・
冬瓜平を使ったおかげか
早く戻ってこられました。
下野山ともお別れです。
薬のお礼にドーナッツをお渡ししました。
無事帰ってくださいね。
用意した水2Lは飲みきり、
万札しかなく
駐車場で缶ジュースが買えませんでした。
道の駅「瀬女」で
カプチーノ味のソフトを買いました。
この状況で食べるのは最高です。
荒島岳を見ながら帰りました。
芍薬咲いてるのかな?

帰りも眠くて困りました。
inserted by FC2 system