霊仙岳1083m 2014.11.04 快晴 
 
頂上台地は、別世界!
 
見晴台は「5合目」の間違いでした。
登山口10:35→汗拭峠10:50→お猿岩1:37→お虎ヶ池11:50→経塚山12:05
霊仙岳12:30~12:40→最高点12:50→お虎ヶ池13:15→6合目13:36→
汗拭峠13:55→登山口14:05
 
高山市でクマによる死亡者が出ました。
今日は妻がいないのでクマ鈴がありません。
しまったー! 
駐車場側に振り返ると…こんな感じ。
廃村があります。
どんな物語があったのでしょう。
何で生計を立てていたのでしょう?

小川に沿って歩くと?
山小屋?かなやさん。
無人ですが、ジュースは冷やしてありました。
料金箱にお金を入れて飲むようです。

これは前からそうですが

日本人って真面目なんですね。
汗拭峠に出ました。
紅葉が素敵な尾根道になります。
帰りは周回して「落合」から戻ってくる予定でしたが…
今回紅葉のことを忘れていましたので
色づいた木々がよりまぶしく感じられました。
落ち葉も色づいていてもったいなくも、うれしい感じがします。
先行のカップルに追いつけそうです。
真っ赤な葉は少ないので
思わず撮ってしまいます。
全体的には粘土質の滑りやすいところが多いです。
こんな石だらけのところは少ないです。
膝にやさしい登山道ですが、
油断すると、ツルリンで、お尻が真っ黒になりますよ。
お猿さんの散歩を邪魔してしまったようです。
いいところでしょ。
行きたくなったでしょ?
雷倉にもこんなところがあったような。
女性を追い抜き、
右に見える山が染まっていました。
紅葉の見える良いところで休憩されてます。
ああ、今日は
パン1個しかザックにありません。
おやつを持ってくるんだった。
失敗失敗。
非常食も持ってきてない…失敗!
5合目の見晴台
 
琵琶湖が見えます。
 
頂上台地に上がるやや急な道となります。
粘土質でつるつるで
たくさんの滑った跡がありました。
あれが頂上か?
いや、違うようです。 
素敵な色合いです。
こんな看板がありますが、
すでにキケン道は廃道化しているようです。
あと少しで台地です。
急に景色が変わりました。
そんなに高くないのにどうして木が生えないのでしょうか。
やはり冬の風雪のためでしょうか。
おさる岩の標識ですが、
登ってきた登山道方向への指標はありませんので、
うっかりすると帰りに間違えそうです。
おさる岩ってどれ?
これですか?
猿緬っていうこと?
どれかわかりませんでした。
カルスト台地っていうのかな?
30年前に短パンで来て
ちくちくするので途中で引き返したことがありますが・・・
時期的なものでしょうか、そんな植物もなく
素敵な道です。
きれいな甲虫が登山していました。
虎ヶ池に着きました。
正面に経塚山が見えます。
右は霊仙岳に続きます。
こちらはドリーネに水がたまったものでしょうか?
(石灰岩地域でみられるすり鉢状の凹地。
溶食作用や、地下の石灰洞の拡大による地表の陥没で生じる。)
御池岳に似た感じです。 
伊吹山が顔を出しました。
伊吹の隣には白山が見えました。
(乗鞍と勘違いしていました。)
今日一番の隣山は「伊吹山」です。
経塚山山頂で一人の登山者に写真撮りを頼まれ、
こちらもお願いしました。
彼の話によると
南西尾根は展望の良い道だが
落合から汗拭と峠に至る周回コースは
工事で2か所高巻する必要があるらしいとのことです。
まずは霊仙山頂に行かなきゃね。
今日の昼食はこれのみ。
「棒ナツ」のきなこ味。
きなこがねちゃねちゃになってきていましたが
おいしいおいしい。
藤原岳と御池岳 
           御在所                      雨乞
                          イブネ
  鈴が岳
綿向山らしい。
今シーズンの雪山ハイクお願いします。
最高点イコール霊仙岳ではない。
最高点から見る霊仙岳
最高点には女性が二人が昼食中。
さて南西尾根に行くのはやめましょう。
体力的にはまだ大丈夫ですが、
通行止めを高巻するのはHPには書けませんから(笑)。
何とも不思議な景色です。
 
お猿岩n近くにはヌタ場のような池がありました。
カルスト台地さん、さようなら、ありがとう。
写真では目立つドームですが、
写真を撮るときには気づいていませんでした。
紅葉や落ち葉や苔を楽しみつつ
こけないように降りていきます。
 
 
無事下りてきました。
経塚山で写真を撮ってくださった方を醒ヶ井の駅まで送りました。
大阪の方でしたが関西弁のあくの強さがない方でした。

翌日父の傘寿のお祝いにモンベルのストックを買いました。
80のお祝いに健康的なものを送れるってことは幸せなことですね。
inserted by FC2 system