各務原アルプス 2014/12/30曇り 単独  
坂祝登山口6:30→猿啄(さるばみ)城跡7:00~7:15→奥ノ院8:00→
迫間城跡8:10~8:20→大岩見晴台9:10~9:30→金山9:45→
須衛の巻道にて昼食11:00~11:50→須衛11:30→向山見晴台11:50→
桐谷坂12:25→芥身権現登山口にて休憩12:30~12:40→芥見権現13:50→
下山口(岐阜市の南山団地)15:10 
 
年に何度か体力テストみたいに頑張る登山があるが(笈ヶ岳や猿ヶ番場等)
冬の低山ながら侮れないのが各務原アルプスです。(関南アルプスとも言う)
夏は暑いのでとても無理でしょう。
今年もこの寒い時期に挑戦します。
妻が坂祝の登山口に送ってくれました。
すでに停まっている車がいましたが、挑戦者でしょうか?
上に見えているのは、各務原と坂祝間のバイパスです。
ヘッドライトを持ってきましたが、よく知っているのでつけるまでもないです。
西側に向かい左の小道を降り、山に取り付きます。
明るくなってきました。
猿啄(さるばみ)城跡の展望櫓が見えてきました。
前回は雪景色でしたが、今回は曇天で展望は今一歩ですが
休憩いたしましょう。
温かいコーヒーとホイップアンパンを食べます。
JRの電車が通っていきます。
まるでNゲージのようです。
右は木曽川です。
ライン下りがあったことを知る者はどんどん減っていくのですね。
乗っておけば良かった・・・ 
迫間山に向かう尾根でご来光です。
初日の出を見たようにエネルギーをもらいました。 
 
分岐は右に行きました。(迫間城跡方面)
明王山見晴台によっても良いのですが、体力温存です。 
舗装路に出て右折します。
(実際はさらに右上の登山道に上がりましたが、結局同じところに出ます。)
アンテナ目指して歩きます。
奥ノ院ではお祈りの声が響いていました。
祈りの声は神様に届いているのでしょうか。
平和な世の中になるとよいですね。
イスラム国のような過激な宗教はごめんです。
邪魔しないように静かに右をすり抜けます。
ストックに輪ゴムでi-podをつけてセルフタイマーで撮ってみました。
初めての試みで間の抜けた顔をしています。
胸に龍のデザインがついていてヤンキー好みの服に見えますが
レアルの正規ユニフォームです。(日本人のデザイン) 
いろんな分岐がありますが、大岩見晴台までは大岩見晴台というコースをたどればよいです。 
長い距離ですからいろんなタイプの道が出てきます。
落ち葉の道は膝にやさしいです。 
各務原自然遺産の森ではいろんな催し物があるようです。
このコースのわきにショウジョウバカマの大群生を見たことがります。 
 
雨が降っていれば展望休憩舎で休むのが良いでしょう。 
大岩見晴台で休んでいたら、
女性が来て自然遺産の森から上がり
向山見晴台までのピストンされるとのこと。
山慣れた方ですたすた歩いていかれました。
次は桐谷坂か向山見晴台方向に進んでいけばよいです。 
今日はかすんでいます。
だいぶ歩きました。
こんなものを食べました。
甘いだけでおいしいとは・・・ 
上方向に持ち上げてみました。
口がゆがんでますねえ。
こんなおじさんがいたら、引くでしょうねえ。 
 
金山には反射板がありますが、展望は良くないです。
岩坂トンネル手前の岩場で。
最近また太ってきてしまいました。
体をいじめないといけません。
ヤマト運輸のターミナル(北側)
 
稲田園(南側)
凧凧上がれ・・・いや、イカです(笑うとこですよ) 
須衛という山への道は急登・・・やだな…と思っていたら
左に緩やかな登り道がありました。
どこかで合流するだろうと思って登りましたが・・・ 
こういう巻道だそうで、かなり東側に巻きました。
でも急登を避けられたので良かったです。
そしてこんなベンチもあって、昼食にばっちりです。
(今日は軽量化しているので妻のザックを使用) 
今日はコンビニで見つけた赤辛らーめんですが・・・
やっぱりカップ緬はカップ緬・・・
カップ緬としてはおいしいとは思いますが。
 
ちょいと上ると須衛に着きました。 
頂上に登山者1名と犬一匹。
放し飼いで近づいてきました。
けっこう大きな犬で怖かったけど、
頭をなでなでしてあげました。
犬って温かいのですね。
須衛の巻道にいる間に、
登山仲間の御嵩さん夫婦とすれ違ったようです。
御嵩さん達は黒犬を見ていないそうですから、
わずかなタイミングですれ違ったようです。
そのときは歩かれていることは知らなかったので仕方ありません。
向山展望地に着きました。
関の学園地帯です。
関市は丘陵地を開発して工場の誘致に成功しています。
住宅地としては不便なのでしかたのないことです。 
各務原の清掃工場です。
市民の目に触れないところに隠されています。
大岩展望台で出会った女性が帰って行かれました。
きっとここで食事されたのでしょう。
向山を下りると分岐があります。
各務原方面が桐谷坂へ行きます。
南コースは桐谷坂北のふどうの森入口に降りてしまいます。 
桐谷坂に着きました。
降雪時に事故が多発するところです。 
気を付けて渡り、左折。
道路の右側の側道に入ります。(舗装路)
数分歩くと右手に登山道があります。
ここでへばって、シットダウン。
最後の食糧を食べつくし、ゴー。
ここの傾斜は緩やかで、ずっと角度が変わりません。 
これは振り返って撮ったもので
右からやってきました。
左は岐阜市大洞光輪公園から上がってくるもの。 
大洞の団地群。 
芥見権現頂上頂上には、2組5名が食事中。
テーブルは持ち込み?
もう食べるものもなく、コーヒーを飲みます。 
普通はこの芳野神社手前で老洞峠へ下りていくのですが、
私は逆方向に降りたいので、
神社を通過し、前回まちがって
リフレ芥見に降りたので慎重に分岐を探していたら
青テープがべたべた貼ってある所が分岐でした。 
 
これが高天原団地の登山口です。 
ここから林道をたどっていきましたが行き止まり。 
最後の山を喘ぎながら登り、この看板で降りました。 
ここで私の体力テストは終わりです。
まあ、合格でしょうか・・・
雨が降ってきたので、妻が「迎えに行こうか」 と電話をくれました。

調子が良ければ、
走ろうと思っていましたが、
全く走ることなく歩くことになりました。
無理のない登山は大事なことです。

これで本年の登山じまいとなりました。

駄文におつきあいありがとうございました。
inserted by FC2 system